和田町眼科クリニックは、横浜市保土ヶ谷区和田町駅近・16号のバス停も近い女医の眼科です。赤ちゃんからご年配の方まで、眼のお悩みに親切・親身に相談に乗ります。小児の斜視・弱視、コンタクトも取り扱っております。近隣の医療機関への適切なご紹介も行っております。

親切・親身な診療で地域で頼りにされ続けたい

①『親切・親身な診療』

和田町眼科クリニック(横浜市保土ヶ谷区)和田町眼科クリニックでは、赤ちゃんからご年配の方まで、地域の方々に『親切・親身な診療』を心がけております。患者さん一人一人、置かれた状況や立場に違いがあります。疾患を治す際には、そのことも念頭に、患者さんと一緒により良い解決法は何かを探ってゆくようにしています。

②『継続的な診療』

2004年に開院以来、沢山の地域の方々に頼って頂いております。この地域の方々の眼の健康を守り続ける使命を担っていると考え、『継続的な診療』ができるよう心がけております。

③『視覚に関するサポート』

地域の視覚障碍者が情報不足により、不自由されている場合があり、その方々に医療サービス並びに生活の助けになる情報提供を行いサポートしていくことを心がけています。

更に、手術的な処置や精査の必要な方は、地域での長い経験を生かし、その疾患に専門性の高い病院へ責任を持ってご紹介させていただきます。
疾患治療だけでなく、眼鏡・コンタクトレンズ処方も行っております。
病んで受診される患者さんに、『眼も心も元気を取戻し、又、癒されてお帰り頂きたい』とスタッフ一同日々一生懸命診療に取り組んでおります。

最新記事

  • オリンピック祝日の指定通りで、19日(月曜日)は通常通り診療、22日(木曜日)と23日(金曜日)は祝日で休診となります。皆様、お間違えなくいらしてください。

    7月の祝日の扱いについて

  • おはようございます。夏空が広がっています。今日もいつも通りの診療です。どうぞ、お気をつけていらしてくださいね。

    7月24日の診療について

  • 院内順番取りシステム(外出先から今の順番が分かる)の実施、入り口に手の消毒器の設置、入り口の常時開放、手すりの消毒、全員の体温測定、日に何度も待合室の座席とフロアの次亜塩素酸消毒、窓の開放、医療機器や器具の常時消毒、トイ …

    ≪ 当院のコロナ対策について≫