診療案内

診療曜日・時間・担当医

受付時間
9:30~12:45
14:45~17:45

※ 土曜のみ 9:30~13:45

【休診日】水曜日・日曜日・祝祭日

【担当医】月・木・金・土は 森医師
     火は 高橋医師
     いずれも女医です。

大変混み合ってしまう場合は、申し訳ございませんが、診療受付を早めて終了させていただくことがあります。

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズ扱いの場所昨今、コンタクトレンズによる眼障害が多発するような時代となってきております。当院では、丁寧な説明・処方を心がけているため、初めての方は、時間がかかります。受付終了時間の45分前までにはクリニックにいらして下さい。又、ご自分での着脱がスムーズにいかない方の場合、スムーズにいくようになるまで、クリニックに何度か着脱練習に来ていただくことがあります。

更に、コンタクトレンズによる様々な眼のトラブルに責任が持てなくなることから、コンタクトレンズの処方箋のみの発行は行っておりません。

取扱いレンズとしては、ソフトコンタクトレンズ各種(ワンデータイプ、2ウィークタイプ、乱視付タイプ、遠近両用タイプ)、ハードコンタクトレンズ です。

コンタクトレンズをお使いの方は、度の合った眼鏡を持っていることも大切です。現在お使いの眼鏡もお持ちください。

眼鏡合わせ・視野検査・斜視弱視の訓練・レーザー治療

基本的に予約で行っております。初診の方は、通常診察を行ってからの運びとなりますので、受付時間内にいらして下さい。

眼鏡合わせについては、厳しい基準をクリアした認定眼鏡士により、専門的な処方を行います。通常の眼鏡のみでなく、プリズム眼鏡・遮光眼鏡・拡大鏡の選定・複視軽減のための遮閉膜や膜プリズム・斜視弱視の子供用矯正眼鏡など、あらゆる眼鏡についての相談が受けられます。
国家資格である視能訓練士(ORT)も勤務しており、斜視弱視の専門的検査及び、症状の改善維持の訓練も行っております。3歳位からは視力検査も可能になります。斜視弱視は早期発見が大切です、ご相談下さい。

準要保護児童生徒眼鏡購入援助事業での眼鏡合わせの方

上記の通り、眼鏡合わせは予約で行っておりますが、混雑具合によっては1日で診察と眼鏡合わせが可能なことがあります。

できましたら、診察終了時間の1時間半前位までにいらして下さい。

散瞳検査

虫のようなものが見える・光が飛んで見える、などは眼の奥に問題がある場合があります。
それを診るためには、瞳を開く目薬をさす必要があります。また、白内障の進行を見るためにも、この検査は必須です。この目薬は4~5時間効果が続きます。

こんな時、お車・バイク・自転車の運転はできなくなります。徒歩あるいはバスに乗る、などでご来院下さい。

また、目薬をさしてから瞳が開くまで、30分~1時間かかりますので、できましたら受付時間終了の45分前までにはご来院下さい。